WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー) 定期購読・最新号・バックナンバー

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)定期購読雑誌の詳細です。


WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)の公式サイトへ

本・雑誌

WWD BEAUTY(ダブリューダブリューディービューティー)

本・雑誌内容

ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。

本・雑誌内容詳細

 「WWDビューティ」6月13日号は、美容業界に新風を吹き込む新興ビューティ企業の特集です。ここ数年、海外では美容ブロガーが手掛けるコスメや人気アーティストがプロデュースするD2C(Direct to Consumer、顧客直結型)を中心とした話題の新ブランドが誕生しており、日本でもD2Cブランドを中心に新たなビューティブランドやメディアが誕生しています。
 新興ビューティが増えた背景には、テクノロジーとOEM(Original Equipment Manufacturer、相手先ブランド製造)企業の存在があげられます。“もの作り”は製造のプロであるOEMメーカーに任せてブランディングやマーケティングに注力することで、開発・製造の人材や施設を抱えなくても新たな価値と商機を生み出せるようになります。加えて、その新しいアイデアによりOEM企業もパーソナライズなどの新ビジネスにかかわることができるなどといった、新しい流れが生まれています。
 本特集では2013年1月以降に誕生した新興ビューティブランドやサービスを製品とメディア・サービスに分けて紹介し、ビジネスモデルを図で解説します。新興ビューティ企業に詳しいOEM企業の山﨑智士サティス製薬社長と、矢野貴久子「ビューティ テック ドット ジェイピー(BEAUTY TECH .JP)」編集長に近年の傾向や、成功する新興企業の条件について取材。また、今知っておくべき注目の新興ビューティブランドやメディア、サービスをピックアップしました。
 ニュース面では、転売対策の強化で増収減益となったアルビオンの2019年3月期決算を解説したほか、ファッション性を加味し19年秋からリブランディングする「ルナソル(LUNASOL)」、ミスト化粧水とクッションファンデが登場する「ディオール(DIOR)」、6年ぶりにアイシャドウをリニューアルする「ランコム(LANCOME)」、“漆黒”にこだわった新ラインを発売する「アナ スイ(ANNA SUI)」を紹介しています。
 そのほか、英国発のコスメブランド「ラッシュ(LUSH)」のアジア最大規模の旗艦店であり、世界唯一のコンセプトを掲げるラッシュ新宿店の詳細、メイク中の肌の潤いを上げる「ナチュラグラッセ(NATURAGLACE)」の新ファンデーションも取り上げました。また、トピックスには20年プレ・スプリング・コレクションを東京で発表した「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」のメイクアップルックやコンセプトを、人気アイテム「リップ マエストロ」の誕生秘話と共に掲載しています。

プロダクトNo

1281682256

出版社

INFASパブリケーションズ

発売日

第1木曜日

販売サイト

>>>公式サイトはこちら
雑誌を定期購読しておくと買い忘れを防いだり、毎月の注文の手間も省けます。一度注文しておくと毎月確実に届けてくれるのがメリットですね。 また他にも定期購読は年間利用などをすると割引があったり、送料無料特典などもあります。 こういった定期購読の多くは多くの飲食店や待合室のあるところ、例えば薬局や美容室、病院などに用いられています。 お仕事をしている人にとってはそういった毎月毎月の発注作業などの手間は省きたいものです。 そういった方々のたくさんのお店や病院などに定期購読、年間購読は重宝されています。 本サイトのおすすめするfujisanのサイトは会社として長く続いているのでとても安心できる会社です。信頼できる会社での購入がおすすめです。
※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。