料理王国 定期購読・最新号・バックナンバー

料理王国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

料理王国定期購読雑誌の詳細です。


料理王国の公式サイトへ

本・雑誌

料理王国

本・雑誌内容

「料理王国」は食べることの歓びと文化でいっぱいのクオリティマガジンです。いま、何を食べようか?いま、何を食べに行こうか?いま、何を作ろうか?そんなことを考えているとき、人は誰でも「料理王国」の住人。各界の食いしん坊達の広範な「食情報」ネットワークを作りあげ、いま考えられる最高の著者たちのご協力を頂き、最高の情報を提供しています。たえずリサーチと取材を繰り返し、充実した特集記事を毎号お届けしています。数多くある料理雑誌で、最も高いレベルの情報を求め続け、日本の料理人と食材作りの仕事人達に親しまれています。

本・雑誌内容詳細

◆ Essence of things
大切なのはレシピ?技術?それとも
「受け継ぐ」ということ。◆

14 Essence of things
大切なのはレシピ?技術?それとも
受け継ぐ」ということ。
リニューアル特別対談
ラトリエドウジョエル・ロブション」関谷健一朗x「歌舞伎俳優」尾上菊之助

30「受け継ぐ」を軽やかに語る精神科医・星野概 念の視点

33 異業種の価値観を聞く
「陶芸家」村山健太郎「建築家 /美術家」佐野文彦 「プロダクトデザイナー」辰野しずか
「茶人」松村宗亮「杜氏」今井翔也 「農家」小倉崇

43 受け継ぎ、繋ぐ、注目の海外次世代シェフたち
 Belon」ダニエル・カルバート「L’Orangerie 」アラン・トードン「Borag6 」ロドルフォ・グスマン「Lido 84」リカルド・カマニーニ
「Nouri 」イヴァン・ブレ「ムPaste」ビー・サトング「ンVirtus」神崎千帆「Kjolle」ピア・オレン「sushi AMANE 」宇井野詩音
「10 8」クリスチャン・バウマ「ンlkoyi 」ジェレミー・チャン「Arzak 」エレナ・アルサック

50 トロワグロを受け継ぐ二人
「RAW 」アンドレ・チャン&「エスキス」リオネル・ベカ

54 OYAJI TALK 3人のオヤジ料理人の語りを独立開業した料理人が聞く
「北島亭」北島素幸「ラ・ブランシュ」田代和久「 ル・マンジュ・トゥー」谷昇x「銀座 大石」大石義壱

59 若手シェフ10人が特別メニューを考案 媛プチ柑の使い方
「スーツァン・レストラン・陳」井上和豊 「ラトリエドゥジョエル・ロブション」関谷健一朗 「銀座大石」大石義壱
「ラチュレ」室田拓人「エンメ」延命寺美也「クリマディ トスカーナ」佐藤真一「スブリム」加藤順一
「アングラン」昆布智成「銀座しのはら」篠原武将「リストランテ山崎」矢島直樹

74 今、プロセッコに勢いがある理由
合言葉は「プロセッキアーモ!」プロセッコの楽しみ 方と注目のプロセッコリスト24

78 パンは一体どこまで料理と溶け合える のか?実験的コラボレーションの行方
Chef’s Kitchen in Tokyo Vol.3 3レポート/成田一世x 小林寛司 コラボレーションインタビュー

82 特集連動イベント【シェフ交流会2019】開催レポート
「菊乃井」村田吉弘&「オーボンヴュータン」河田勝彦によるデモンストレーション・クロストークを実施

◆トピックス◆
92 食Xテクノロジーはどこに向かうのか!スマートキッチンジャ2パ01ン9レポート
94 いまさら聞けない!疑問を解決!消費税「軽減税率」
98 日本イタリア料理協会XSUPER SWEETS ACADEMYレポート
100 テ-マは「COOL ITALIAN」日本イタリア料理協会が金沢で初の講習会を開催
109 岩田屋本店「イタリア展」毎年大好評のイタリア展が今年も開催

◆連載◆
5  ワールドニュース
12 海を渡った日本人シェフ 第1 回「橋田”Hatch” 建二郎」
96 服部学園の取り組み Vol.43「調理技術教育学会 第1回学術大会」開催
106「菊乃井」村田吉弘が語る『村田語録 つれづれなるまま』に第1 回
112 ミニャルディーズの時間 第1 回「銀座レカン」
101 CK REPORT
104 CK CALENDAR
105 CK INFORMATION

◆お知らせ◆
58 媛プチ柑注文方法
108 「料理王国 」SNS
110 バックナンバー&定期購読
111 次号予告・編集後記・SHOP LIST

プロダクトNo

2781

出版社

CUISINE KINGDOM

発売日

毎月6日

販売サイト

>>>公式サイトはこちら
雑誌を定期購読しておくと買い忘れを防いだり、毎月の注文の手間も省けます。一度注文しておくと毎月確実に届けてくれるのがメリットですね。 また他にも定期購読は年間利用などをすると割引があったり、送料無料特典などもあります。 こういった定期購読の多くは多くの飲食店や待合室のあるところ、例えば薬局や美容室、病院などに用いられています。 お仕事をしている人にとってはそういった毎月毎月の発注作業などの手間は省きたいものです。 そういった方々のたくさんのお店や病院などに定期購読、年間購読は重宝されています。 本サイトのおすすめするfujisanのサイトは会社として長く続いているのでとても安心できる会社です。信頼できる会社での購入がおすすめです。
※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。